SNSで落ち込んだ時の6つの回復方法



この投稿は。ソーシャルメディアを利用する上でマイナス面を減らし、プラス面を最大限に引き出す為の6つのコツをご紹介します。

ソーシャルメディアは利点もあれば欠点もあります。友人や家族と繋がって最新情報を知る為の素晴らしい手段ですが、あなたを落ち込ませる可能性もあります。膨大な情報量や否定的なコメントや政治的な目的で書かれた投稿によって、精神的に大きな打撃を受ける可能性があります。


1. 適切なコンテンツを選択する

ソーシャルメディアを上手く利用する為の最初のコツは、注目する情報源を選択する事です。すぐに監査を行いましょう。あなたに最も不安を感じさせる個人やメディアのフォローを解除しましょう。信頼できる個人や情報源のリストを作成し、それらに重点的に注目しましょう。監査をきちんと行えばクリックベイトやその他のあまり面白くない投稿を避けやすくなります。また、注目するコンテンツを信頼しやすくなります。不安要素を取り除いたら、内容がもっと軽くてポジティブな情報源を追加する事も検討してください。気分転換の為にニュース配信に子猫の写真を追加するのは恥ずかしい事ではありません。好きな事や人気のある投稿に注目しがちですが、コンテンツの感情的な方向性に基づいて個人やメディアをフォローする事も良いでしょう。

2. 建設的に参加する

不安を感じさせる投稿が多いソーシャルメディアの配信だと特定のコメントのスレッドに注目して落ち込みやすいです。それを防ぐ為に状況に対応と改善する為に取れる具体的な行動を考えてみてください。例えば支援する為に寄付をしたり、問題に関するあなたの意見を伝える為に代表者に電話したり、集会に参加したり、持っているスキルを活かしてボランティアを行う事もできます。話題になっている問題に対する否定的な感情を行動に移すことには、後悔することなく他の事柄に注力する為に気持ちを解放するのに役立ちます。

3. 個人的な境界線を設定する

ソーシャルメディアは非常に魅力的なので頻繁に注目し、多くの時間を費やす事があります。ソーシャルメディアに費やす時間を制限する、もしくは参加しない時間を設ける事により、ソーシャルメディアとの接触を制限する事を検討してください。各ソーシャルメディアのサイトを閲覧する時間を制限するか、就寝前の2時間は閲覧しない様にしてください。制限する事によってリラックスして他の事柄に注目し、日中の重要な時間帯に気持ちが圧倒されるのを防げます。


4. 実際に人に会う

友人、家族、インスピレーションを与える人々と直接会う機会を作って食事をして、談笑しましょう。人と実際に会うことは科学的に幸福度を高める事が実証されています。また笑う事もストレスを軽減するのに役立ちます。笑うと幸せを感じる化学物質が放出され、それによって免疫反応が高まり、より肯定的な精神状態に導きます。人と実際に会って談笑する事は連帯感と友情を経験する事で不安を減らし、長期的に肯定的な考え方を保つのに非常に役立ちます。

5. 精神的な「遊び」の為の時間を設ける

ソーシャルメディアから離れて空想する時間を設けましょう。ポジティブなやり取りをする為に訪れられるサイトを見つけてください。旅行を計画したりPinterest(ピンタレスト)を作成したり、読書を楽しみましょう。ソーシャルメディア配信以外にもオンラインでポジティブなやり取りをする方法を見つけるとインターネット体験のバランスを上手く取る事ができ、良くないニュースや様々な情報に圧倒されずに済みます。


6. 完全にオフラインにしてマインドフルネスに投資する

インターネットを見る事であなたが不必要に不安を感じたら、一歩下がってリアルの生活で何等かの活動に挑んでみてください。手作りでクッキーを焼いてみたり編んだりする等の単純作業で十分です。自分の為に時間を少し作り、マインドフルネスしてみることも良いでしょう。我々のユーザーの多くは、スパイアが不必要な緊張状態にいる時間を特定し、平穏な気持ちや集中状態に戻るのに役に立つと報告しています。




15 vistas0 comentarios