大腸がんを予防するには?




日本人が最も多くかかっている「がん」は何かご存知ですか? 答えは大腸がんなんだそうですよ。

「大腸がんで死にたくなければ腸のむくみをとりなさい」の 著書である大久保政雄さんがアドバイスしている 大腸がんを予防するために気をつけるべき4つの生活習慣を ご紹介しますね。

① 大量の飲酒を避ける。  大量のアルコールや腸にダメージを  与えるため、週2日以上の 「完全休腸日」をもうける。

② 牛、豚肉やバター、ラード 乳脂肪を含む牛乳や乳製品などの 動物性脂肪の多い食事を制限する。 納豆、味噌、ぬか漬け、キムチなどの 発酵食品や、海藻類、大豆、キノコ類 などに含まれる水溶性食物繊維を 積極的にとる。

③ 水分不足による慢性便秘など 腸内環境の悪化を避ける。 普通の体格の成人であれば 1日2リットルを目安に水分をとる。

④ 適度な運動を続ける。 大腸などの内臓を支える 骨盤底筋群などの下半身の筋肉が 衰えると、内臓を本来の位置に キープするのが難しくなるため 一日30分程度のウォーキングなど 適度な運動をする。いかがでしたでしょうか。 大腸がんは、生活習慣と大きく関わる病気なんだそうです。 毎日の生活を気遣うことで予防につなげたいです。



4 vistas0 comentarios