フレイル予防には肉を!


近年、メディアでも話題になっている 「フレイル」。

年齢とともに食が細くなり、筋力が低下し だんだんと出かけるのも面倒になって ひきこもりがちになってしまう… そんなフレイルを食生活で予防するには 肉がおすすめなんだそうですよ。



厚生労働省が、今年示した 食事摂取基準の改定案では 高齢者は、肉や魚などのたんぱく質を 多く摂取する重要性を強調しています。

65歳以上の人は 毎日体重1キロあたり、1グラム以上の たんぱく質を摂取することが 望ましいそうです。

食事でフレイルを予防するために 様々な取り組みも行われています。

千葉県歯科医師会は 「80歳になっても肉をしっかり食べて 健康寿命を延ばそう」 というスローガンを掲げ フレイル予防のための 「8029(ハチマル肉)運動」を始め 口腔機能の維持などをテーマにした イベントを開いているそうです。



また、「ベターホーム協会」では シニア対象の 「健康寿命をのばす元気ごはん」 といった教室を開催し、フレイル予防に つながる肉料理を紹介しています。 ちなみに、鶏のムネ肉は、お値段も安く 良質なたんぱく質が含まれるんだそうですよ。


元気なうちから、日々の生活の中で フレイルを予防する工夫を していけたらいいですね。 フレイル予防には、運動、食事、メンタルなど 様々な面からのサポートが必要です。 毎日歩数や消費カロリーを記録し ストレスレベルを測ることができる スパイアは、フレイル予防にも ぴったりなウェアラブルツールです。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.projectrenaissancejp.com/





16 vistas0 comentarios